top of page
  • affiliatekanrifuk

衝撃!2億円のポケモンカードが発売、店長は「とうとう来たかと震えた」


2023年1月下旬。秋葉原にあるポケモンカードゲーム専門店「晴れる屋2」が2億円のポケモンカードを発売して話題となりました。


ポケモンカードの人気を耳にすることはあるものの「カードに2億円!!??」という驚きは隠せず、「カードに!?」「なぜ!?」「2億円払う人がいるの!?」と謎がとまりません。  そこで今回、「晴れる屋2」の店長・渡辺翔さんに取材。2億円という価格がついたポケモンカードや、価格の高騰が続くポケモンカード市場についてお話を聞いてみました。

世界に39枚しかない超レアなポケモンカード ――2億円という価格がついたポケモンカードは、どのようなカードなのでしょうか? 渡辺翔さん(以下、渡辺)「今回高額がついたのは、ポケモンカードの『ポケモンイラストレーター』という種類のカードです。このカードは世界に39枚しかない中の1枚で、ポケカ※コレクターの中でもトップクラスに有名なカードです」 ※ポケカ:ポケモンカードの略 ――世界に39枚しかないんですか!? 渡辺「はい。『ポケモンイラストレーター』は、1997年から1998年に『月刊コロコロコミック』誌上にて開催された、イラストコンテストの最優秀賞・優秀賞受賞者にのみ配布されたカードです。ポケカで高額になるものは、コンテストや大会で優勝した人に配られたものなど、一般に出回っていないカードなんです」 ――限られた人のみ持っているカードだったんですね。 渡辺「このカードにはピカチュウが描かれているのですが、ピカチュウのデザインを考案したイラストレーター、にしだあつこさんが描いたピカチュウということもあり、カードそのものの価値も高くレアな存在になっています」

カードは保存状態も大事、最高額は7億円 ――レアということで、2億円という価格になったのでしょうか?


渡辺「ポケカはカードの保存状態によっても価格が大きく変動します。当然きれいに保存されたカードのほうがボロボロのカードよりも価格が高くなります。とはいえ保存状態のきれいさは個人の主観なので、アメリカに本社がある『PSA』という第三者の鑑定会社に送って評価をしてもらうんです。PSAは10段階で評価をしてくれるのですが、今回の『ポケモンイラストレータ』は10点満点中8.5という高評価がついたことも、2億円という価格につながっています」 ――そのような鑑定会社があることを初めて知りました。 渡辺「ちなみにアメリカのローガン・ポールさんという方は、ピカチュウの『ポケモンイラストレーター』を約7億円で購入して、最も高価なポケモンカードとしてギネス世界記録にのっています。カードはPSA鑑定で最高グレードの10と評価されています」

閲覧数:120回0件のコメント

コメント


bottom of page